30分ソーイング!しぼり染めの風呂敷でトップスができた!

Ads by Google

『💛ューピー3分間クッキング』
というすごい番組が昔ありましたが、
現在も放映されているのでしょうか。


『テケテッテッテ』
というあの音楽が耳に今でも響き渡ります。


人間頑張れば、
3分であそこまですごいことができるのです。


30分もあろうものなら、
すばらしいおかずが10皿もできる!
というわけで、
今日は、超簡単、
『30分ソーイング!』
をお楽しみください!
さすがに3分じゃ無理ですね。



しぼり染めの風呂敷でトップス



≪作り方≫

tops plan

1.110㎝四方の布地を一枚用意します。
この時の布地は、布地だけで勝負できるような、
インパクトのあるものがいいでしょう。
色や柄を着る、というような心意気で。


2.布を半分に折り(上辺が肩)、もう一回半分に折り、首の入るところの中心を決めます
折り紙の要領です。


3.決まった中心にはさみの刃が入るくらいの穴を開けて、
そこから頭の入る分だけ左右に切り込みを入れます。


あ、書き忘れましたが、
左右は均等に切ったほうがいいと思います。
が、よりアヴァンギャルドなものを、という場合、
お好みで自由奔放におやりくださいませ。^^


ちょっとずつ切っていって、頭が余裕で入るようになったらストップ


4.ここをバイアステープで始末します。
私は同じ布も、バイアステープもなかったので、
余ったきれでバイアスに裁って処理しました。

(または最初に切込みを入れないで先に襟首を決めて、
表に細長い見返しを縫い付け、後で切ってひっくり返してもいいです。)


5.図の縦線2本を縫います。
自分で布をかぶってみて、
良さそうな幅を片方決めてまず縫い、
半分に折って、もう片方も同じ幅、同じ長さになるように、
上下2か所をピンでとめておくとうまくいきます。


6.布端の始末をしておしまい!

私の布は、日本から引っ越すとき、
いろいろなものをこの布に包んで入れてきた風呂敷だったので、
布端の始末もなしでした。へへへ。
左右身頃の下の端に
縛り跡があるのでご注目。



作って以来よく着ていますが、
着物を着ているような日本気分が味わえるので、
結構気に入っています。



襟首の処理がちょっと苦戦するかもしれませんね。



DSCN0730 (2)


バータフラーイ


DSCN0646 - Copy

全体像です。


簡単なので、ぜひ作ってみてください!


あ、もし同じの作られた方がいらっしゃいましたら、
ぜひコメント欄からご一報ください。
記事の中で紹介させていただきますよ!
あ、もうひとつ。
特に風呂敷で作る必要はありません。
普通の布でOKです。^^


30分ソーイングでした!


ではちゃお!

ハンドメイドブログ
ブログランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックしていただけますと
ポイントが加算され、ランキング結果に反映されます。

どうぞよろしくおねがいします。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございます!! m(;∇;)m 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player