泣!ボヘミアンドレスを目指して割烹着ができた!ブルーの花柄チュニック

Ads by Google

こんにちは。うららー!です。


今回、図に乗って2着目を作りましたが、
私の心の中には盛大にめんどくさい菌がはびこっていまして、
なんとかできるだけ簡単に仕立てようとするんですね、これが…。


言ってみたら、
めんどくさいを取ってしまったら、
趣味なんちゅうもんは成り立たんと言ってもいいんですがね。笑


じゃあ、あんたは何がしたいんだと。
こういうふうに自問してみると…。


やっぱり、着る服がなくなってきたんですねー。
1年前に作った服を年中毎日着て、
洗って着てを繰り返していたら、
飽きるも飽きるんですが、
ほころびてきた


で、縫製品質の悪さを物語っているじゃないか、
という批判を甘んじて受けながら、
本業を押しのけて、
次の一着へと向かったわけです。


洋裁すきなんだけど、
時間がない、
やりたいんだけど、
じっくりやってる場合じゃない、
そういう感じです。


けっこうなジレンマなんですが、
じゃあ、たくさん時間があったら
おまえはちゃんとやるのか、
と聞かれるといささか自信がありません。
やはり一生治らないガサツな性格なんだと思います。



さて、生地なんですが、
ebay でかなり前に大量購入したレーヨン素材です。
思ってたより薄手で、レーヨンなんでテレテレしてます。
すぐシワになりますが、吊っておくとなんとなく伸びてます。^^


以下の写真は、
胸の切り替えと、袖を仮縫いしたところまでです。


DSCN2794

最初の計画では、この下に長いギャザーを寄せたスカートをつけて、
ロングドレスを目指していました。


これはスーパーで見かけた人が着ていた、
胸切り替えで素晴らしくボヘミアンなロンドドレス
に憧れたからなんですが…。


そして、作ってはみましたが…。


なんかちがーう!
ていうか全然違う!
ネグリジェみたいになってしまったのです。


がっかりです


またここで、いつもの懸案事項である、
「頭が入るかどうか」問題が勃発しました。
この強迫観念のソリューションとして、
後ろにスリットを入れて、
細いリボンで縛るようにしました。
これで頭は入る!


す、る、と!


こんな感じになりました。
長いスカートはポケットのすぐ下でちょんと切って、
切った部分のスカートはもったいないのでショール?マフラー?
にして首に巻くことにしました。


スカート部分は裏地付き。



DSCN2796

しかーし、よく見てみると何かに似ている!



そう、そうです!
割烹着です。
私はナイスなボヘミアン風ロングドレスを目指しながら、
いつの間にか割烹着を作っていたんですねー。


ちゃんちゃん♪


おあとがよろしいようで。
ではちゃお!



ハンドメイドブログ
ブログランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックしていただけますと
ポイントが加算され、ランキング結果に反映されます。

どうぞよろしくおねがいします。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございます!! m(;∇;)m 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player